<九州国立博物館>ロンドン大教授[タイモン・スクリーチ教授]が「盗作」と謝罪要求 (毎日新聞)

【 九州国立博物館(福岡県太宰府市)で7月から開催中の展覧会「視覚革命 異国と出会った江戸絵画」について、ロンドン大学アジア・アフリカ研究学院のタイモン・スクリーチ教授が「展覧会のタイトルなどが自分の著書からの盗作だ」として博物館に謝罪を申し入れていることが分かった。博物館側は盗作の疑いを否定している。【朴鐘珠、ロンドン小倉孝保】】
つづきはこちらから。毎日新聞。