科研費●分野=研究活動スタート支援・平成25年度の採択課題情報の一部(日本文学・日本語学の2013年新規採択分)をまとめました

KAKEN(科学研究費助成事業データベース)で、「平成25年度の採択課題情報の一部(研究活動スタート支援:新規 908件)を追加収録しました」とされていたので、日本文学・日本語学の2013年新規採択分を検索して、まとめましたので公開いたします。
【日本文学】
『本朝故事因縁集』成立過程の考察–領主権力の変動と説話集成立を巡って○南郷 晃子(中島晃子) 神戸大学・研究員 (40709812)
中世公家の和歌活動と歌学継承の研究–飛鳥井雅康・雅俊を中心に–○日高 愛子 九州大学・人文科学研究科(研究院)・研究員 (20706741)
南北朝期歴史叙述における歴史認識形成と土地政策に関する研究–軍記物語を中心に–○大坪 亮介 大阪市立大学・文学研究科・研究員 (10713117)
磐城平城主内藤義概の和歌文芸について○松本 麻子 いわき明星大学・人文学部・准教授 (70708990)
芭蕉連句における季吟の影響–季吟門連句の実態と「非季」の詞を中心に–○野村 亞住 早稲田大学・教育・総合科学学術院・助手 (30710561)
日本近代文学における座談会の文学・批評的意義○酒井 浩介 早稲田大学・教育・総合科学学術院・助手 (60710556)
寺院資料の基礎的な調査・研究に基づく中世説話研究の再考–真言寺院の口伝・説話–○佐藤 愛弓 天理大学・文学部・准教授 (50460655)
近世末期国学史の再構築–橿園社中・鈴屋社中・椎本社中の交流の模様を中心に–○吉良 史明 福岡国際大学・国際コミュニケーション学部・講師 (50707833)

【日本語学】

ローマ字本キリシタン資料の偏在的子音分布から再検討する日本語形態・音韻論史○竹村 明日香 大阪大学・文学研究科・研究員 (10712747)
古代日本語における『古事記』の万葉仮名とその表記意識についての研究○澤崎 文 早稲田大学・文学学術院・助手 (40706644)
地理的・歴史的変種の対照による日本語の敬語の運用とその変化に関する研究○森 勇太 関西大学・文学部・助教 (90709073)