国立民族学博物館「つくりもの―ハレのかたち・おもしろいかたち」【笹原亮二、西岡陽子、福原敏男の各氏】(2013年8月17日(土))

講演会情報です。
—————————————-
●公式サイトはこちら
http://www.minpaku.ac.jp/museum/event/seminar/423
つくりもの―ハレのかたち・おもしろいかたち
祭りや年中行事などのハレの機会に、様々な趣向を凝らした造形物を見物に供する「つくりもの」が、西日本を中心に各地で見られます。各地では、人々はおもしろいかたちを作ることを競い合い、それを楽しみに大勢の人々が見物に集まってきます。そんなつくりものの魅力について考えます。
○ 講師
笹原亮二(国立民族学博物館教授)
西岡陽子(大阪芸術大学教授)
福原敏男(武蔵大学教授)
○ 場所
国立民族学博物館 講堂
○ 日時
2013年8月17日(土) 13:30~15:00(13:00開場)
○ 定員
450名[先着順/申込不要]
○ 参加費
無料
○ お問い合わせ
国立民族学博物館 広報企画室 企画連携係 06-6878-8210(土日祝を除く9:00~17:00)