« 岡田幸彦『語の意味と文法形式』(笠間書院) | メイン | 岩瀬文庫展示図録『旅への誘い〜江戸時代の旅の本から〜』 »

2013年7月31日

 記事のカテゴリー : 新刊案内

●西行学会編『西行学 vol.4』(笠間書院)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

9月上旬の刊行予定です。

00404_k.jpg

ISBN978-4-305-00404-8 C0395
A5判・並製・228頁
定価:本体4,200円(税別)

2009年4月に設立された新しい学会「西行学会」の機関誌、「西行学」の第四号です。
創刊号はこちら(品切)第二号はこちら第三号はこちら

この学会は、「巨人」「自由人」たる西行を発見すべく、文学、宗教、歴史、地理、民俗、芸能、説話伝承等、ジャンルを超えて、「西行学」の名の下に、開かれた場を作ろうとするものです。
越境する西行、脱領域する西行を、「西行学」の名の下に再構築していきます。

第4号は、西行学会大会から講演記録として、松野陽一氏、木越治氏の講演を収録。また、大会シンポジウム記録として「西行の図像学」を掲載。研究論文の他、【研究ノート】、【西行ノート】、【分野別西行研究史概観】、【西行関係研究文献目録】、【書評】など、「西行学」としての輪郭を構築すべくぬかりなく各所へ目を配った内容となっています。ぜひ一度お手にとってご覧下さい。

■西行学会会員になりませんか■
本書は西行学会会員以外にも一般の書籍同様、書店にてご注文いただけるようにと、書籍として刊行しています(年1回刊)。
定期ご購入をご希望の場合は入会されたほうが金額的にお得です。詳しくははこちらのページで会費等をご確認ください。また、本学会、西行学会の詳細も記してあります。
学会設立趣旨等、ぜひお読み頂ければと思います。
http://kasamashoin.jp/saigyo.html
-----------
■ご予約・ご注文は版元ドットコムで
http://www.hanmoto.com/bd/isbn978-4-305-00404-8.html
または、直接小社まで、メールで info@kasamashoin.co.jp ご連絡いただいても構いません。またはこちらのフォームで、購入希望としてご連絡ください(書名・冊数・お名前・ご住所・電話番号を明記してください)。
http://kasamashoin.jp/mailform.html
-----------

【目次】

【大会講演記録】
「起請」再考―西行と俊成―●松野陽一
秋成と西行●木越 治
【大会シンポジウム記録 西行の図像学】
総括●鈴木健一
見返る西行―伝承・絵画から和歌へ―●菊地 仁
『西行物語』版本の制作者について●石川 透
描かれた西行―弘川寺・西行記念館所蔵絵画作品を中心に―●松浦 清
江戸時代における西行図像について●鈴木健一
【研究論文】
『山家集』の斎院●高柳祐子
【研究ノート】
「小野殿」について―西行『残集』の地名を考える―●宇津木言行
西行「木曽人は」歌についての覚え書き●中西満義
【冬季大会記録】
西行学会冬季那須大会の記録●小堀光夫
《講演》
西行の〈霊験〉―止雨の歌をめぐって―●平田英夫
《シンポジウム 那須の西行・芭蕉と伝承》
芭蕉における西行伝承●花部英雄
松尾芭蕉と那須●新井敦史
那須野をゆく西行と芭蕉―那須野の伝説―●小林幸夫
【西行ノート】
『山家集』の原風景を求めて―隅田川・古河の渡り―●名古屋茂郎
【西行文献目録】
西行関係研究文献目録(総合版)―一九九八〜二〇○〇年●西行学会編
西行関係文献目録(地方文献版)―千葉県●宇津木言行編
【書評】
平田英夫著『御裳濯河歌合・宮河歌合 新注』(新注和歌文学叢書11)●浅田 徹
【催事紹介】
中尊寺西行祭短歌大会●山田俊和・吉田英子・中村美智子

平成25年度第5回西行学会大会プログラム
西行学会の記録/入会案内/投稿規定/西行学会会則/編集後記

カバー図版出典
菊池容斎「西行銀猫ヲ街児ニ与去ル図」(提供:首藤光一/アフロ)


●グーグル提供広告