« e-Japanology 講演会・江上敏哲氏(国際日本文化研究センター資料課)「海外の〈日本リテラシー〉とデジタル・コラボレーションの未来」(2013年7月11日(木)、東京外国語大学 事務棟) | メイン | 第249回大阪大学古代中世文学研究会(2013年7月20日(土)、文学部本棟 中庭会議室) »

2013年7月10日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●上代文学会 七月例会(平成25年7月13日(土)、早稲田大学戸山キャンパス 36号館)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

学会情報です。
----------------------------------------

●公式サイトはこちら

※上記サイトに発表要旨あり。

日  時 平成25年7月13日(土)午後2時~5時
会  場 早稲田大学戸山キャンパス 36号館 6階 681教室

研究発表 「神ながら言挙げせぬ国」 ―人麻呂歌集歌の「神在随」を起点として―
フェリス女学院大学教授 松田 浩
(司会 早稲田大学教授 内藤 明)

奈良平安初期漢文書簡にみる書儀・尺牘表現の受容
信州大学教授 西 一夫
(司会 大東文化大学教授 藏中しのぶ)

○研究発表会終了後、常任理事会(於、早稲田大学戸山キャンパス33号館433教室)
  を開催します。


●グーグル提供広告