« 奈良国立博物館・第65回正倉院展(平成25年10月26日(土)~11月11日(月)) | メイン | 怪談会 第2回「累ノ會」【あべの古書店+鞠水書屋(小二田誠二静岡大学教授) 共催】(旧安本醤油醸造庫(宮ヶ崎)、2013年8月13日(火)) »

2013年7月29日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●武者小路実篤記念館 夏休み企画「もっと知りたい 武者小路実篤」展(開催中~2013年9月1日(日))

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

展示情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.mushakoji.org/

--------------------

夏休み企画「もっと知りたい 武者小路実篤」展

会期:開催中~9月1日(日)
 武者小路実篤の生涯と作品、またそこに表された人間を愛し、命を愛した実篤の考え方を、小中学生の夏休みの課題研究にもご利用いただけるよう、また夏休みを機会に遠方より当館を訪れる方のために、実篤を初めて知る方にもわかりやすく解説します。
 また、今年は、ミニ特集で〈実篤と調布〉を取り上げます。実篤は70歳から90歳で亡くなるまでの20年間を調布市仙川で過ごしました。調布市立滝坂小学校の100周年記念碑や、仙川商店街のお店に描けられた実篤の色紙、実篤が描いた若葉町秋祭り手拭など、地元との交流を物語る資料と写真をご紹介します。
※ こども向けの解説シートとパンフレットを無料配布します。

〈申込み不要の行事〉
(A)「もっと知りたい!―自由研究サポート」
 夏休みの自由研究をサポートする企画です。展示室や閲覧室で実篤作品を見たり、読んだり、また、館内にあるワークシートを使って探検をしながら、実篤の人物像、記念館の活動や仕事、公園の自然について知り、工作や折り紙、絵などの作品を作ることも出来ます。
 記念館には、実篤に関する資料はもとより、白樺派の作家達たち、実篤の収集した絵画・書、また美術全集など豊富にそろっています。みんながもっと知りたいことや疑問をいっしょに調べたり、お話を聞くことができます。
 館員とボランティアが、次のことについて、皆さんのサポートをいたします。
 次のような自由研究サポートを予定しています。
1)実篤や白樺派について
2)実篤記念館や公園について
3)仙川やつつじヶ丘の歴史について
4)公園の植物や生物について
 上記について、調べ方や参考図書をアドバイスします。
 作品作りでも、次のようなさまざまなメニューを用意しています。
1)実篤公園のシュロの葉でバッタなどを作ろう!(毎回先着10組)
2)実篤ぬりえを使って暑中見舞い葉書を書いてみよう!
3)実篤マンホールで拓本を体験しよう!(毎回先着10人)
など、さまざまなメニューを用意してお待ちしています。
日時:夏休み期間中の木曜日(8月1日・8日・15日・22日・29日)
会場:実篤記念館
定員:なし。
参加費:入場料のみ
申込み:不要。当日、直接会場へ。
 
(B)「実篤に挑戦!―筆と墨で絵をかこう」(夏)
 武者小路実篤は絵を描くことで野菜や花など自然の美しさを発見したといいます。普段使わない墨や筆を使って、実篤のように野菜や花などを描いてみませんか? 道具やモチーフは全て用意してありますので、準備の必要はありません。普段絵を描く機会がなかった方に、楽しさを知っていただくきっかけにもなっています。
 夏休みの自由研究の作品にも活用出来ます。
日時:8月16日(金)・17日(土) 
   午前10時~午後4時
   (随時参加可)
会場:実篤記念館
参加費:入場料のみ
申込み:不要。当日、直接会場へ。


〈武者小路実篤記念館インフォメーション〉
開館時間:午前9時~午後5時
入場料:大人(高校生以上)200円/小・中学生100円
    ※市内在住の65歳以上は無料
    ※市内在住・在学の小中学生は、土曜日は無料パスが使えます。
    ※「東京ミュージアムぐるっとパス」がご利用いただけます。
休館日:月曜日(月曜日が休日の場合は開館、翌火日休館)
交通:京王線つつじケ丘駅または仙川駅より、徒歩10分
   小田急線成城学園前駅より「調布駅」または「神代団地」行バス稲荷前下車徒歩5分
住所:〒182-0003 調布市若葉町1-8-30
電話:03-3326-0648
ホームページ:http://www.mushakoji.org


●グーグル提供広告