国際日本文化研究センター・国際シンポジウム「転換期の伊勢」(2013年7月26日(金)~7月 27日(土)、研究者対象)

学会情報です。
—————————————-
●公式サイトはこちら
科学研究費助成事業(学術助成基金助成金)基盤研究(C)
「神都物語:伊勢の近現代史(1869年-2013年)」(研究代表者John Breen)
国際シンポジウム「転換期の伊勢」
International Symposium: Ise turning points
会場:国際日本文化研究センター 第1共同研究室
日時:2013年7月26日(金)~7月 27日(土)
対象:研究者に限る
参加事前申込:不要
プログラム
7月26日(金)
9:30~9:45 主催者挨拶・趣旨説明
John Breen
Session 1 古代中世 (司会 John Breen)
9:45~10:15 考古学からみた伊勢神宮の起源:伊勢湾西岸地域と大和王権
山中章(三重大学)
10:15~10:45 統治の正統性:伊勢における神と仏の競合670-770
Herman Ooms (California大学)
10:45~11:15 コメント 末木文美士 (日文研)
質疑応答
11:15~11:30 コーヒー・ブレーク
11:30~12:00 8・9世紀の内宮と外宮について
小倉慈司(国立歴史民俗博物館)
12:00~12:30 神人、混沌の始めを守る: 鎌倉期の混沌論の意義について
Mark Teeuwen(Oslo大学)
12:30~13:00 質疑応答 薗田稔(京都大学名誉教授)
13:00~14:00 昼食
Session 2 中世–近世 (司会 榎本渉(日文研))
14:00~14:30 中世伊勢と仏教
William Bodiford(California大学)
14:30~15:00 観想と夢想―鎌倉時代における僧たちの伊勢参宮(仮)
伊藤聡(茨城大学)
15:00~15:30 コメント 荒木浩(日文研)
質疑応答
15:30~15:45 コーヒー・ブレーク
15:45~16:15 浮遊する記号としての伊勢: 前近代日本における伊勢のシンボリズムと神道の再コード化
Fabio Rambelli(California大学)
16:15~16:45 伊勢神宮の仏教的ランドスケープ
Max Moerman(Columbia大学)
16:45~17:15 コメント 白山芳太郎(皇学館大学)
質疑応答
18:00~19:30 シンポジウムおよび成果報告論集に関する研究打ち合わせ(赤おに)
7月27日(土) Session 3 近世 司会 Frederik Cryns(日文研)
9:45~10:15 復活か創造か:16・17世紀の神宮式年遷宮をめぐって
西山克(関西学院大学)
10:15~10:45 読み替えられる伊勢神宮:出口延佳・本居宣長を中心に
斉藤英喜(仏教大学)
10:45~11:15 コメント 井上章一(日文研)
質疑応答
11:15~11:30 コーヒー・ブレーク
11:30~12:00 伊勢外宮の地位をめぐる近世の論争
劉琳琳(北京大学)
12:00~12:30 本居宣長の言語観:変容と持続
田山令史(仏教大学)
12:30~13:00 コメント 笠谷和比古(日文研)
質疑応答
13:00~14:00 昼食
Session 4 近代-現代 司会 佐野真由子(日文研)
14:00~14:30 伊勢における神仏分離
河野訓(皇学館大学)
14:30~15:00 昭和四年式年遷宮と伊勢
田浦雅徳(皇学館大学)
15:00~15:30 コメント M.G. Sheftall (静岡大学)
質疑応答
15:30~15:45 コーヒー・ブレーク
15:45~16:15 修学旅行と伊勢
高木博志(京都大学)
16:15~16:45 「真姿顕現」:戦後の伊勢神宮とオーセンティシティ
John Breen(日文研)
16:45~17:15 コメント 原武史(明治学院大学)
質疑応答
17:15~17:45 総まとめ Allan Grapard (California大学)
閉会