[シンポジウム]日仏の出版文化の出会い:幕末から両大戦間まで(2013年09月21日(土)、日仏会館フランス事務所。使用言語:フランス語 (同時通訳付き))

学会情報です。
—————————————-
●公式サイトはこちら
使用言語:フランス語 (同時通訳付き)
日時: 2013年09月21日(土) 11:00 – 18:00
場所: 1階ホール
【PDF版プログラム】
【趣旨】
1920年代のパリでは盛んに日本関連の豪華挿絵本(絵入り本)が出版され、その大半を当時、現地に定住していた画家の藤田嗣治が担当していた。いずれもが単なる異文化趣味に終始せず20年代パリらしいモダンな出版物となっているのは、藤田の才覚だけでなく、そこに関わった出版人、編集者、版画工房などパリが育んでいた豊かな出版文化、そしてもちろん日本の出版文化の出会いがあってのことである。このシンポジウムでは、幕末から両大戦間にかけての日本とフランスの出版文化をテーマに、美術史、文学、比較文化等の研究者が集う。戦前の日仏美術交流には年来の作品・作家研究の蓄積があるが、従来の美術と文学との相互影響関係や、作家の異文化受容の議論を踏まえつつ、あらたに縦組みや横組み、綴じなど書籍の物理的な形式や造本、さらには出版状況等にも注目し、その比較検討を試みるものとする。
【司会】 クリストフ・マルケ(日仏会館フランス事務所)
【基調講演】
◉ 11:05 〜12:15
フィリップ・ル・ストウム(ブルターニュ県立美術館館長):
「1889 〜1939 年のフランスの木版表現にみられる浮世絵の影響、そして出版」
【研究発表と討議】
第二部●研究発表[明治]
◉ 13:30 〜15:30
高木元(千葉大学)
「19世紀における日本の出版文化」
岩切信一郎(新渡戸文化短期大学)
「和装本から洋装本へ―その試行錯誤と展開」
清水勲(日本仏学史学会)
「『団団珍聞』と『TÔBAÉ』―小林清親とジョルジュ・ビゴー」
大塚奈奈絵(国立国会図書館)
「ちりめん本と長谷川武次郎 : 明治半ばの欧文挿絵本出版状況」
第三部●研究発表[明治]
◉ 15:50 〜16:50
林洋子(京都造形芸術大学)
「藤田嗣治をめぐる、日仏出版文化の融合」
間瀬幸江(宮城学院女子大学)
「ジャン=ガブリエル・ダニュラス―画家にして出版人」
◉ 17:00 〜18:00
全体討議
【主催】
日仏会館フランス事務所
京都造形芸術大学
【助成】
平成25 年度文部科学省科学研究費・基盤研究C「両大戦間パリにおける挿絵本文化の学際的研究」
【後援】
日仏美術学会
ジャポニズム学会
日仏図書館情報学会
日本仏学史学会
明治美術学会
* 参加者限定の研究セミナー等を除き、特に記載のない限り、日仏会館フランス事務所主催の催しはすべて一般公開・入場無料です。席数に限りがございますので、事前のお申し込みをお願いいたします。