« 国立能楽堂公開講座「謡について―世阿弥時代の謡と現代の謡―」講師:竹本幹夫氏(平成25年8月22日(木)) | メイン | 京都市考古資料館・企画陳列「土器に書かれた『いろは歌』」(平成25年6月29日(土)〜7月28日(日)) »

2013年6月28日

 記事のカテゴリー : いただいた本・送られてきた本

●小林保治編著『私たちはこれからいかに生きるべきか 超訳 方丈記を読む』(新人物往来社)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

小林保治氏からいただきました。

404-04173-9.jpg

●公式サイトはこちら

著者:小林 保治 編著
定価:2,100 円(税込)
ページ数:320
初版発行:2012-03
ISBN:978-4-404-04173-9
ジャンル:文芸

大地震、社会不安、政治不信。鴨長明が生き、記録した800年前と今の日本はとても似ています。当時の京の様子、人々の生活、飢餓・苦しみを冷静に記録し、人の生をいかに問うべきかを書き綴った「方丈記」を、方丈記研究の第一人者が超訳した決定版!


●グーグル提供広告