« 2013年京都学講座「絵をよむ」【講師:福島恒徳・岡澤恭子・夏目房之介・米倉迪夫・曽根誠一・髙橋 亨の各氏】(2013年8月1日(木)~ 8月3日(土)、花園大学 無聖館ホール) | メイン | 国立歴史民俗博物館 企画展示「時代を作った技-中世の生産革命-」(2013年7月2日(火)~9月1日(日)) »

2013年6月19日

 記事のカテゴリー : いただいた本・送られてきた本

●久保田淳・佐伯真一・鈴木健一他編著『人生をひもとく 日本の古典 第一巻  からだ』(岩波書店)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

鈴木 健一氏よりいただきました。

00-028641-1.jpg

●公式サイトはこちら

人生をひもとく 日本の古典
第一巻  からだ
久保田 淳,佐伯 真一,鈴木 健一,
高田 祐彦,鉄野 昌弘,山中 玲子 編著

■体裁=四六判・上製・カバー・168頁
■定価 1,890円(本体 1,800円 + 税5%)
■2013年6月18日
■ISBN978-4-00-028641-1 C0391

誰もがまずは自分自身の身体をともなって,この世に誕生します.生きている限り,自分のからだとつき合っていかなくてはなりません.平安貴族たちのダイエット,喉をいたわる世阿弥,ふぐを食べる芭蕉.......病いや老いの心配,心身のバランスの工夫,飲食の楽しみなど,「からだ」をめぐる人びとのいとなみを古典文学のなかに探ります.

●全巻の構成


●グーグル提供広告