米大学で人文学部の人気低下 就職の難しさ受け(ウォール・ストリート・ジャーナル日本版)

【【ケンブリッジ(米マサチューセッツ州)】何世紀にもわたって米文学の旗手となってきたハーバード大学の人文学部が専攻希望者の減少に直面している。就職市場の急激な変化に伴って人文系学位の価値に対する懸念が高まっているためだ。】
つづきはこちらから。ウォール・ストリート・ジャーナル日本版。