« 大英博物館の「春画」展、16歳以下は保護者同伴に(AFPBBニュース) | メイン | 国立能楽堂公開講座「謡について―世阿弥時代の謡と現代の謡―」講師:竹本幹夫氏(平成25年8月22日(木)) »

2013年6月27日

 記事のカテゴリー : ホームページ紹介

●平安末〜室町初頭の井戸から「いろは歌」を平仮名で墨書した土師器(はじき)皿が出土。京都市考古資料館で6月29日(土)から公開

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

平安末〜室町初頭の井戸から「いろは歌」を平仮名で墨書した土師器(はじき)皿が出土していた、とのことです(昭和58年度に実施した平安京左京三条二坊九町の発掘調査)。京都市考古資料館で6月29日(土)から公開されます

■報道(動画)
最古の「いろは歌」平安京跡で発見(MBS News)
平安末期の「いろは歌」記した土器 京都(京都府)(日テレニュース24)

■報道(新聞ほか)
土器:墨書きでいろは歌全文 平安京「堀河院」跡から出土(毎日新聞)

小皿に最古のいろは歌全文 平安京跡で30年前出土(中国新聞)
土器に平仮名「いろは歌」=全文は最古、藤原氏邸宅跡から-京都(時事通信)
最古のいろは歌 ほぼ全文発見(NHK)

■京都市考古資料館企画陳列「土器に書かれた『いろは歌』」開催(平成25年6月29日(土)〜7月28日(日))

京都市考古資料館企画陳列「土器に書かれた『いろは歌』」開催のお知らせ

 昭和58年度に実施した平安京左京三条二坊九町の発掘調査で、平安時代末期から室町時代初頭の井戸から「いろは歌」を平仮名で墨書した土師器(はじき)皿が出土しています。この「いろは歌」は平仮名でほぼ全文を記した日本最古の例として、非常に貴重な資料である。

 今回の企画陳列では、「いろは歌」を記した墨書土器を、共伴して出土した遺物とともに陳列し、調査の状況を写真パネルで紹介します。

1.開催日時  平成25年6月29日(土)〜7月28日(日)

開館時間:午前9時から午後5時(入館は午後4時30分まで)

休館日:月曜 (※月曜が祝日または振替休日の場合は翌日)     

2.展示場所  京都市考古資料館1階 階段下西側

3.展示内容  パネル2点(調査全景写真・「いろは歌」墨書土器写真

遺物展示:展示ケース2台(1台は「いろは歌」墨書土器のみ・1台は供伴遺物)

展示遺物:約15点 「いろは歌」墨書土器・共伴遺物(土師器・須恵器・白磁など)


●グーグル提供広告