« 錦  仁氏、平林香織氏・科研費共催・「シンポジウム─文学研究の再構築をめざして」(2013年8月10日(土)・11(日)、秋田市カレッジプラザ) | メイン | 伝承文学研究会・第408回 東京例会(2013年7月20日(土)、学習院女子大学) »

2013年6月28日

 記事のカテゴリー : ホームページ紹介

●琉球大学附属図書館が島袋源七文庫をデジタル公開。室町中期古写本『浦添家本伊勢物語』ほか31点公開。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

【当館では、大正から昭和にかけて活躍した沖縄の民俗学者島袋源七(1897~1953)の旧蔵資料115点を昭和32年に収蔵しております。受け入れ資料の半数近くが古文書で占められており、その中の室町中期の古写本といわれる『浦添家本伊勢物語』は沖縄県の有形文化財に指定されています。
 今回はそのなかから31点についてデジタル公開を開始し、うち6点については翻刻データも公開しています。】とのこと。

詳細はこちらから。

●琉球大学附属図書館「島袋源七文庫のデジタル公開をはじめました」2013.6.28
http://www.lib.u-ryukyu.ac.jp/?p=9769

●浦添家本伊勢物語/【画像・画像あり】
http://manwe.lib.u-ryukyu.ac.jp/d-archive/viewer?&cd=00040280


●グーグル提供広告