近藤泰弘氏「日本語歴史コーパスとコーパス利用リテラシー」(人文情報学月報・DHM 021 【前編】)

近藤泰弘氏による「日本語歴史コーパスとコーパス利用リテラシー」が、メールマガジン「人文情報学月報」に掲載されています。
先日一部公開された、古典語を対象とした言語学的なコーパス「日本語歴史コーパス」の紹介と、【このコーパスによってしかできない研究方法】をいくつか紹介したものです。
以下からご覧いただけます。
近藤泰弘氏「日本語歴史コーパスとコーパス利用リテラシー」(人文情報学月報・DHM 021 【前編】)
また、このエッセイが掲載されたメールマガジン「人文情報学月報」は、以下のサイトで無料で購読可能です。
●人文情報学月報(まぐまぐ)
http://archive.mag2.com/0001316391/index.html
このメールマガジンの「イベントレポート」は、インターネット時代の研究について考えるのに有益な情報が、豊富に掲載されています。