早稲田大学多元文化学会『多元文化』第2号

早稲田大学多元文化学会さまよりいただきました。
2186-7674-2.jpg
A5版・並製・214ページ
平成25年3月10日発行
発行者
早稲田大学多元文化学会
代表委員:稲畑耕一郎
発行所
早稲田大学文化構想学部多元文化論系室内
【講演録(特別寄稿)】
越境文学の時代/リービ英雄
 【論文】
いくさの物語と苦悩の表現/日下力
 –世界文学のなかで考える–
大江匡衡「北野天神供御幣并種種物文」訳註/吉原浩人
 –中原長国の代作による末期の病気平癒祈願–
Theoretical Framework in Language and Education Policy in Bangladesh
The Interaction of Language and Nonverbal Behavior Influencing the Perception of Japanese Refusals/タニア ホサイン
ヨハンネス・ナースと『戦う教会』/高津秀之
 –16世紀後半におけるカトリックとプロテスタントのプロパガンダ合戦–
ヴァン・グーリックの日本語書簡/稲畑耕一郎
 –印人松丸東魚との交遊のなかで–
【大会特集・文化論入門としてのポップ・カルチャー(研究ノート)】
小沢健二、「日本語」に向かう–文化としての歌詞(コンサート「ひふみよ」をよむ)/柿谷浩一
60年代ポップ革命–ビートルズとイギリス社会のヘゲモニックな関係–/渡辺愛子
現代中国における海外ポップカルチャーの受容–ロックを例にして–/高屋亜希
【研究ノート】
現代イランにおけるアニメの諸相/高木小苗
 –日本の「文化コンテンツ」はどのように捉えられているか
【学生研究発表】
【論系だより】
【彙報】