« 天理ギャラリー第149回展「ベストセラー作家誕生―ディケンズ初版本の世界―」(平成25年5月12日(日)~6月9日(日)) | メイン | 松本清張記念館・第16回 松本清張研究奨励事業募集(締切:平成26年3月31日まで) »

2013年4月18日

 記事のカテゴリー : 新刊案内

●万葉七曜会編『論集上代文学 第三十五冊』(笠間書院)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

5月中旬刊行予定です。

00225_k.jpg

万葉七曜会編
『論集上代文学 第三十五冊』

ISBN978-4-305-00225-9 C3391
定価:本体12,800円(税別)
A5判・上製・函入・252頁

上代文学研究の最新成果を世に問う、年1冊刊行のシリーズ第35弾。
[執筆]曽倉岑/山中宏樹/遠藤宏/小野寛/金井清一/山口佳紀/林勉。
平成23年刊行の上代文学関係の単行本・雑誌論文を網羅した文献目録付き。

-----------
■ご予約・ご注文は版元ドットコムで
http://www.hanmoto.com/bd/isbn978-4-305-00225-9.html
または、直接小社まで、メールで info@kasamashoin.co.jp ご連絡いただいても構いません。またはこちらのフォームで、購入希望としてご連絡ください(書名・冊数・お名前・ご住所・電話番号を明記してください)。
http://kasamashoin.jp/mailform.html
-----------

【目次】

○万葉集「天地の神」の表現と特性(下)...曽倉岑
○相聞「田部忌寸櫟子任大宰時歌四首」並びに挽歌「天皇大殯之時歌二首」考...山中宏樹
○大伴家持「霍公鳥と藤の花とを詠む一首」(巻一九・四一九二)の序詞をめぐって...遠藤宏
○家持の「時の花」三首考...小野寛
○スサノヲから大国主へー「草那芸之大刀」補論、及びスサノヲの予祝呪言ー...金井清一
○『古事記』歌謡における語彙の性格...山口佳紀
○垂仁記・紀古写本訓点の敬語表現ー沙本毗古・狭穂彦の乱ー...林勉

・上代文学研究年報二○一一年(平成二十三年)単行本等・雑誌論文等●万葉七曜会編
・執筆者紹介

-----------

●執筆者紹介

○曽倉岑(そくら・たけし)
一九三四年 神奈川県に生まれる
一九五八年 東京大学文学部国語国文学科卒業
一九六三年 東京大学大学院博士課程修了
現在    青山学院大学名誉教授
主な著書  鑑賞日本の古典1『古事記・風土記・日本霊異記』(尚学図書・金井清一氏と共著)
      日本の文学 古典編『万葉集一』(ほるぷ出版)
      『万葉集全注巻第十三』(有斐閣)

○山中宏樹(やまなか・ひろき)
一九三四年 栃木県に生まれる
一九六〇年 東京大学文学部国語国文学科卒業
一九六四年 東京大学大学院修士課程修了
      元成蹊中学・高等学校教諭
主な論文  「うち渡す」考並びに補遺(『論集上代文学』第三十二冊)
      「照る月」「情ぐく」考(『論集上代文学』第三十三冊)
      「怕しき物の歌三首」考(『論集上代文学』第三十四冊)

○遠藤宏(えんどう・ひろし)
一九三六年 東京都に生まれる
一九六一年 東京大学文学部国語国文学科卒業
一九六七年 東京大学大学院博士課程修了
現在    成蹊大学名誉教授
主な著書  『古代和歌の基層』(笠間書院)
      『日本古典文学大事典』(明治書院・共編)

○小野寛(おの・ひろし)
一九三四年 京都市に生まれる
一九五七年 東京大学文学部国語国文学科卒業
一九六三年 東京大学大学院修士課程修了
現在    駒澤大学名誉教授
      高岡万葉歴史館特別顧問
主な著書  『新選万葉集抄』(笠間書院)
      『年表資料 上代文学史』(笠間書院・共著)
      『大伴家持研究』(笠間書院)
      『和歌文学大辞典』(明治書院・共編)
      日本の文学 古典編『万葉集三』(ほるぷ出版)
      『孤愁の人大伴家持』(新典社)
      『上代文学研究事典』(おうふう・共編)
      『万葉集歌人摘草』(若草書房)
      『万葉集全注巻第十二』(有斐閣)
      『越中万葉百科』(笠間書院・編著)
      『大伴家持大事典』(笠間書院・編著)
      『大伴家持』(笠間書院)

○金井清一(かない・せいいち)
一九三一年 埼玉県に生まれる
一九五七年 東京大学文学部国文学科卒
一九六五年 東京大学大学院博士課程満期退学
現在    京都産業大学名誉教授
主な著書  鑑賞日本の古典1『古事記・風土記・日本霊異記』(尚学図書・曽倉岑氏と共著)
      『万葉詩史の論』(笠間書院)
      日本の文学 古典編『古事記』(ほるぷ出版)
      『万葉集全注巻第九』(有斐閣)

○山口佳紀(やまぐち・よしのり)
一九四〇年 千葉県に生まれる
一九六三年 東京大学文学部国語国文学科卒業
一九六七年 東京大学大学院博士課程中退
現在    聖心女子大学名誉教授
主な著書  『古代日本語文法の成立の研究』(有精堂出版)
      『古代日本語文法論考』(有精堂出版)
      『古事記の表記と訓読』(有精堂出版)
      『古事記注解2 上巻その一』『古事記注解4 上巻その三』(笠間書院・神野志隆光氏との共著)
      『新編日本古典文学全集 古事記』(小学館・神野志隆光氏との共著)
      『古事記の表現と解釈』(風間書房)
      『万葉集字余りの研究』(塙書房)
      『古代日本語史論究』(風間書房)

○林 勉(はやし・つとむ)
一九二五年 滋賀県出身
一九六二年 東京大学大学院博士課程単位取得退学
現在    東京学芸大学名誉教授
      安田女子大学大学院講師
主な著書  『契沖全集』(岩波書店・共編)
      『契沖研究』(岩波書店・共著)
      『日本書紀上・下』(日本古典文学大系・原文校異訓読分担)
      『日本書紀上・下』(中央公論社・共著)
      『日本書紀一〜五』(岩波文庫・原文校異訓読分担)
      『日本書紀 兼右本一〜三』天理図書館善本叢書和書之部(八木書店)
      『西本願寺本萬葉集(普及版)巻第一〜二十』(主婦の友社、おうふう・監修)


●グーグル提供広告