« 山種美術館【特別展】関連講演会「川合玉堂 ―伝統と創造―」講師:河野元昭氏(2013年6月15日(土)、國學院大學 院友会館) | メイン | 株式会社 古典ライブラリーが「辞典ライブラリー」(『和歌文学大辞典』[新編集8,200項目書き下ろし]+『歌ことば歌枕大辞典』(角川))を配信開始 »

2013年4月12日

 記事のカテゴリー : ホームページ紹介

●謎だらけ...平安儀式書に猿顔?の印 宮内庁「考証重ねて」(産経新聞)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

【宮内庁は11日、所蔵する平安時代の儀式書「北山抄(ほくざんしょう)」(全10巻)のうち複数の写本に、猿の顔のような印が押されているのを確認したと発表した。誰が何のために押したかは不明で、同庁は「さまざまな人々に考証を重ねてもらいたい」と助けを求めている。】

つづきはこちらから。産経新聞。
http://sankei.jp.msn.com/life/news/130412/art13041201140000-n1.htm

●参考

平安期儀式書に猿顔の印 宮内庁所蔵、謎深まる(北海道新聞)
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/topic/457089.html

古文書に謎の"猿顔"スタンプ(NHK)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130411/k10013853671000.html

平安時代の写本に謎のサル=貴重な紙、持ち主の証し?-宮内庁(時事通信)
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201304/2013041100790&g=soc


●グーグル提供広告