« 『日本語文法』13巻1号に、天野みどり『日本語構文の意味と類推拡張』の書評が掲載されました | メイン | 国語学懇話会例会 第568回、第569回、第570回(2013/4/27、5/25、6/22、名古屋市短歌会館) »

2013年4月 3日

 記事のカテゴリー : いただいた本・送られてきた本

●多田一臣『古代文学の世界像』(岩波書店)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

岩波書店さまよりいただきました。

0229260.gif

●公式サイトはこちら

■体裁=A5判・上製・函入・434頁
■定価 11,550円(本体 11,000円 + 税5%)
■2013年3月27日
■ISBN978-4-00-022926-5 C3091

時代のなかで育まれた言語表現には,その時代を生きた人びとの世界認識が刻み込まれている.古代文学のさまざまなジャンルにわたって,その背後にひろがる世界像を追究してきた著者の論考を集成する.神話や和歌の表現を支える言葉の緻密な分析から,身体感覚のありよう,魂や心のはたらき,空間認識の広がり,などが剔出される.


●グーグル提供広告