« 高岡市万葉歴史館編『越中万葉をたどる 60首で知る大伴家持がみた、越の国。』(笠間書院) | メイン | 源氏物語ミュージアム 企画展『たおやかなる源氏物語の世界』(平成25年2月20日(水)~4月21日(日)) »

2013年3月11日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●関西大学英語学会第35回例会・シンポジウム「研究としての通訳翻訳」(2013年3月24日(日)、関西大学 第一学舎)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

研究会情報です。

●公式サイトはこちら
●「研究としての通訳翻訳」シンポジウム要旨

--------------------

「研究としての通訳翻訳」

関西大学英語学会第35回例会のご案内

参加費は無料です。非会員の方の参加も歓迎いたします。spiralcricket@gmail.com までご一報ください。

日時: 2013年3月24日 (日曜日)  13時30分 ~ 17時00分
会場: 関西大学 第一学舎 E402教室

1. 総会 (13:30~13:45)  会長挨拶、2011年(平成23年)度活動報告、2011年度会計報告、その他

2. 研究発表 (13:50~14:20)
アシガイ・デルゲルマー(モンゴル文化教育大学)
 「翻訳単位としての慣用句―日モ語の慣用句の翻訳を事例に―」

3. シンポジウム(14:30~17:00) 「研究としての通訳翻訳」
14:40-15:40 話題提供 (シンポジスト各20分)
15:50-17:00 質疑応答、フロアを交えたディスカッション

シンポジスト 
     染谷泰正(関西大学)  
「通訳研究の現状と課題」
     豊倉省子(文芸翻訳家、神戸女学院非常勤講師)
「英語教育における翻訳をめぐる最近の研究動向」
     山口治彦(神戸市外国語大学)
「翻訳が映す社会:mangaとanimeから見えてくるもの」

ディスカサント アシガイ・デルゲルマー
司会      鍋島弘治朗(関西大学)

懇親会  居酒屋すっぽん   17時45分~(2時間程度)
懇親会費は一般4000円、学生3000円の予定です。当日頂戴いたします。


●グーグル提供広告