皇居で「講書始の儀」 日本文学など3分野【中野三敏・九州大名誉教授「江戸文化再考」】(47News)

【日本文学の中野三敏・九州大名誉教授(77)は「江戸文化再考」と題し、近代人の江戸観を振り返った上で、明治以前に使われていた「くずし字」の読解力が現代人は低下しているとして危機感を表明した。】
つづきはこちらから。47News。

「講書始の儀」ですが、2008年には、久保田淳氏が「西行と伊勢」題してご進講をつとめられていらっしゃいました。