« 小倉百人一首殿堂 時雨殿 企画展「新春かるた展」(2013年1月5日(土)〜3月3日(日)) | メイン | 読売新聞朝刊(2013.1.21(月))にサンヤツ広告を掲載。コレクション日本歌人選全60冊完結に関する広告です。 »

2013年1月21日

 記事のカテゴリー : ホームページ紹介

●大学入試センター試験・2013【国語】 古文は『松陰中納言物語』より出題。小社では『松陰中納言 中世王朝物語全集16』を刊行しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

大学入試センター試験・2013【国語】 古文は『松陰中納言物語』より出題されました。

詳細は、大学入試センター試験・2013【国語】 (東進スクール)
http://www.toshin.com/center/kokugo_mondai_0.html

をご覧下さい。

なお、小社では『松陰中納言 中世王朝物語全集16』刊行中です。
こちらもあわせてどうぞ!

matukage.jpg

松陰中納言ISBN978-4-305-40096-0定価:本体4,800円(税別) 中世王朝物語全集16

【内容】
松陰中納言は、帝から愛妾藤の内侍を下賜されるが、横恋慕する山の井中納言の讒言によって、隠岐に流される。
須磨に籠った松陰の子息中将は、山の井の子息少将の助けを得て、継母の姦計を逃れた山の井の味の姫君と結ばれる。
東宮の活躍もあって、やがて山の井一味の悪事はあらわになり、松陰一門は栄えて行く。
こうした松陰家の物語を軸にしながら、流離、継子いじめ、生霊、入水、山の井一味の出家など、複数の軸が、モザイク状に配されながら、大団円に向けて調和して行く。

【目次】
凡例
松陰中納言(まつかげちゅうなごん)阿部好臣[校訂・訳注]
巻一 注
巻二 注
巻三 注
巻四 注
巻五 注
年立・梗概・呼称一覧・校訂付記・系図・参考地図・和歌総覧・解題

なお、中世王朝物語全集のシリーズ詳細は、こちらからご覧下さい。
http://kasamashoin.jp/2009/03/221pdf.html

●なお類書として、和泉書院より、山本いずみ著『現代語で読む『松陰中納言物語』:付本文』ISBNコード:9784757603103、定価:本体2,500円(税別)も刊行されています。


●グーグル提供広告