« 第125回 関東日本語談話会(2013年1月26日(土)、学習院女子大学) | メイン | 福岡市文学館企画展 図録『青春への恋文 文芸誌「午前」とその周辺』 »

2012年12月18日

 記事のカテゴリー : いただいた本・送られてきた本

●飯倉洋一著『上田秋成 絆としての文芸』(大阪大学出版会)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

大阪大学出版会さまよりいただきました。

87259-321-1.jpg

●公式サイトはこちら

阪大リーブル039

上田秋成 
-絆としての文芸-

飯倉洋一 著

四六判・並製・266頁 
定価2100円 本体価格2000円 
ISBN978-4-87259-321-1 C1393 [2012]

【目次】
序章 新たな秋成像を求めて
一章 秋成の人生を読む
二章 歌文で繋がる-大坂で知り合った人々
三章 歌文で親しむ-京都で交わった人々
四勝 秋成が感謝する神々
五章 『雨月物語』 『春雨物語』を読み直す


●グーグル提供広告