『日本古書通信 2013年1月号』(日本古書通信社)

樽見さんよりいただきました。
kosho201301.jpg
『日本古書通信 2013年1月号』(日本古書通信社)
B5・60ページ、700円(税込)
本号には、「これからの古書店 古典籍のデジタル化をどう考えるか」として、高野明彦(NII)、橋口侯之介(誠心堂書店)、八木壮一(八木書店会長)、司会(樽見博)の各氏による座談会、下が収録。その他、父親を語り、神保町の今後を考える座談会(上)が掲載。小田光雄さんによるインタビュー「日本古書通信」叢刊の背景と果たしてきた役割の(下)もあり。
定期購読は、
■購読料
1部 700円(税込・〒76円)
半年4200円(税込・〒共)
1年 8400円(税込・〒共)
購読料を前金でお預かりして毎月15日ごろ郵便で直送。
見本誌も無料でお送りしているようです。

詳しくは公式サイトへ

■古書通信の最新情報がわかるTwitterはこちら
https://twitter.com/yumenoyamame