« 三重大学伊賀連携フィールド 公開トークイベント・和田竜(作家)×川上仁一(伊賀流忍者博物館名誉館長)×山田雄司(三重大学教授)「史実の魅力、小説の魅力--忍者小説の新たな地平」(2013年3月2日(土)、ハイトピア伊賀) | メイン | 第242回大阪大学古代中世文学研究会(2012.12月22日(土)、文学部本棟2F) »

2012年12月13日

 記事のカテゴリー : いただいた本・送られてきた本

●『日本古書通信 2012年12月号』(日本古書通信社)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

樽見さんよりいただきました。

kosho201212.jpg

『日本古書通信 2012年12月号』(日本古書通信社)
B5・56ページ、700円(税込)

本号には、「これからの古書店 古典籍のデジタル化をどう考えるか」として、高野明彦(NII)、橋口侯之介(誠心堂書店)、八木壮一(八木書店会長)、司会(樽見博)の各氏による座談会が収録。今回の分は、上、となっています。

定期購読は、

■購読料
1部 700円(税込・〒76円)
半年4200円(税込・〒共)
1年 8400円(税込・〒共)
購読料を前金でお預かりして毎月15日ごろ郵便で直送。
見本誌も無料でお送りしているようです。

詳しくは公式サイトへ!

■古書通信の最新情報がわかるTwitterはこちら
https://twitter.com/yumenoyamame


●グーグル提供広告