« 藤井貞和『人類の詩』(思潮社) | メイン | 『京都大学 国文学論叢』第28号 »

2012年11月 8日

 記事のカテゴリー : いただいた本・送られてきた本

●鈴木健一著『林羅山 書を読みて未だ倦まず』(ミネルヴァ書房)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

鈴木健一氏よりいただきました。

623064809.jpg

●公式サイトはこちら

徳川時代を形作った儒学者は、御用学者か、学問の聖か。

出版年月日 2012/11/10
ISBN 9784623064809
判型・ページ数 4-6・258ページ
予価 本体3,000円+税


●グーグル提供広告