俳文学:伊賀市などが選出、文科大臣賞に雲英末雄監修/佐藤勝明・伊藤善隆・金子俊之編 「元禄時代俳人大観」(八木書店・全三巻)「研究への貢献大きい」芭蕉時代の俳壇明らかに(毎日新聞)

【伊賀市と芭蕉翁顕彰会は26日、優れた俳文学の研究に贈る今年度の文部科学大臣賞に「元禄時代俳人大観」(全3巻、八木書店)を選んだと発表した。元禄時代前後の1684〜1707年に出版された全ての俳書や句集を調査、作者や句数を一覧化し、「俳壇の基礎データを整えており、研究への貢献が大きい」と評価された。【伝田賢史】】

つづきはこちらから。毎日新聞。

●嶋中道則 委員長(東京学芸大学教授)による選考理由(PDF)
http://t.co/OM6moxy3
●雲英末雄監修/佐藤勝明・伊藤善隆・金子俊之編 「元禄時代俳人大観」 (八木書店・全三巻)版元による紹介ページはこちら