「古事記伝」国内唯一の写本、27年ぶり公開(読売新聞・九州)

【山鹿市立博物館は10~19日、同市の八千代座交流施設で、江戸中期の国学者・本居宣長が書いた「古事記伝」の写本を27年ぶりに一般公開する。古事記の完成から1300年を記念した企画。全44巻分がそろった国内唯一の写本で、関心を集めそうだ。】
つづきはこちらから。読売新聞・九州。