« 中嶋真也『大伴旅人』[コレクション日本歌人選](笠間書院) | メイン | 第31回(2012年度)和漢比較文学会大会(9月29日(土)・30日(日)、同志社女子大学 今出川キャンパス) »

2012年8月13日

 記事のカテゴリー : ホームページ紹介

●国立国会図書館、デジタル化した計1万7千点の図書、古典籍資料、博士論文をインターネット公開(カレントアウェアネス・ポータル)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

【2012年8月13日、国立国会図書館は、「国立国会図書館デジタル化資料」において、著作権処理の終了した図書約1.6万点、古典籍資料427点、博士論文24点を新たにインターネット公開しました。これにより、現在インターネットで利用可能なデジタル化資料は約41万7千点となっています。なお、インターネット公開した図書は「近代デジタルライブラリー」からも利用可能です。】とのこと。
詳細はこちらから。

●国立国会図書館、デジタル化した計1万7千点の図書、古典籍資料、博士論文をインターネット公開(カレントアウェアネス・ポータル)
http://current.ndl.go.jp/node/21594

参考●今回(8/13)新たにインターネット公開された近デジ書籍のなかからいくつかピックアップ(1)
http://d.hatena.ne.jp/consigliere/20120813/1344840424

参考●今回(8/13)新たにインターネット公開された近デジ書籍のなかからいくつかピックアップ(2)
http://d.hatena.ne.jp/consigliere/20120814/1344870256


●グーグル提供広告