新渡戸稲造:生誕150年、盛岡でイベント 武士道精神を発信/岩手(毎日新聞)

【盛岡市出身で国際的にも活躍した新渡戸稲造の生誕から今年で150周年を迎えるのを記念し、今月からさまざまなイベントが開催される。関係者は、現代にも通ずるその精神を再認識し、未来に生かそうと意気込んでいる。】(毎日新聞 2012年07月08日 地方版)●続きはこちら
いろいろイベントがあるようです。
●盛岡市先人記念館
「第47回企画展 新渡戸稲造生誕150年記念「新渡戸稲造のおくりもの」」
(2012年7月28日(土)~9月30日(日))

●「新渡戸稲造博士・生誕150周年記念公演 『武士道なう。』―武士道と映像―」(7/21(土) 14時開演~17時終了、会場 : 岩手県公会堂大ホール)
岩手県立図書館 メールマガジンより
——————–
◆企画展「新渡戸稲造と『武士道』~生誕150年記念~」
【 期 間 】8/3(金)~9/23(日)
 ★8/31(金)は休館日
【 会 場 】4階 展示コーナー
【 内 容 】新渡戸稲造生誕150年にあたる今年。「太平洋の架け橋」になることを念願した、国際人・新渡戸稲造の代表的著書『武士道』の執筆背景を中心に、生い立ちや、国際活動等を当館所蔵資料とともに紹介します。
*ギャラリートークを8/5・27に行います。詳しくは、「図書館コンシェルジュがゆく」をご覧ください。