« 和田敦彦氏×江上敏哲氏・ジュンク堂トークセッション「国境を越えた知の流通 過去・現在・未来―海外の日本図書館から考える」盛況のうちに終了 | メイン | メディアセブン・トークイベント、兵藤裕己「平家物語:琵琶法師が物語る歴史と国家」(500円・要申込、2012年07月26日(木)川口市立映像・情報メディアセンター メディアセブン) »

2012年7月17日

 記事のカテゴリー : いただいた本・送られてきた本

●『日本古書通信 2012年7月号』(日本古書通信社)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

日本古書通信社、樽見さんよりいただきました。

kosho201207.jpg

『日本古書通信 2012年7月号』(日本古書通信社)
B5・56ページ、700円(税込)

本号には、

新連載として、ワシントン大学東アジア図書館の鈴木紗江子さんによる、「シアトルから ライブラリアンと古書」。『日本古書通信』の歩み①がスタート。
川島幸希氏の、私がこだわった初版本(19)は、『山羊の歌』。
日本の古本屋で調べてみると、現在、山羊の歌 久米正雄宛献呈署名入=1,800,000円。もう一冊、1,500,000円のものが出品されていました。


定期購読は、

■購読料
1部 700円(税込・〒76円)
半年4200円(税込・〒共)
1年 8400円(税込・〒共)
購読料を前金でお預かりして毎月15日ごろ郵便で直送。

詳しくは公式サイトへ!


●グーグル提供広告