楠見朋彦著『塚本邦雄の青春』(ウェッジ文庫)

楠見朋彦氏よりいただきました。
863100411.jpg
●公式サイトはこちら
塚本邦雄の青春
楠見朋彦 著
生涯に二十四冊の歌集とおびただしい小歌集、小説・評論・句集を遺した現代短歌の極北にそびえる歌人塚本邦雄。だが、『水葬物語』でデビューする以前の青年時代は謎に包まれていた。
故郷の近江で暮した幼少期、戦時下の呉で短歌に目覚めた青年期、鮮烈なデビューを果す前の習作期――気鋭の小説家楠見朋彦が資料を博捜し、塚本邦雄の知られざる素顔に迫る。文庫オリジナル。
<書籍データ>
◇文庫版 364頁
◇840円(本体800円+税)
◇2009年2月20日