太宰府 人名・身分記した最古の木簡 戸籍制度、7世紀末に完成(産経新聞)

【福岡県太宰府(だざいふ)市は12日、市内の国分松本遺跡で、人名や身分など戸籍の内容を7世紀末(飛鳥時代)に記録した日本最古の木簡が見つかったと発表した。律令(りつりょう)国家体制が整う大宝律令の施行(8世紀初め)に先駆けて、統治の基本となる戸籍制度が完成していたことを示す貴重な発見という。】
つづきはこちらから。産経新聞。

写真のほか、釈文を掲載。また、渡辺晃宏氏(奈良文化財研究所)、平川南氏のコメントも掲載されている。