「奈良女子大学文学部<まほろば>叢書」を創刊【奈良女子大学】(2012.5.31)

【 奈良女子大学文学部では、研究の活性化と研究成果の社会への広報を目的として、このたび「奈良女子大学文学部<まほろば>叢書」を創刊することとなりました。
その第1号として、『大学の現場で震災を考える』が4月初めに、かもがわ出版より発刊されます。これは、昨年6月、文学部で開催した「東日本大震災ウィークin奈良女子大学文学部、授業の中で震災を考える」に参加した授業をもとに編集されたものです。
「<まほろば>叢書」は、今後さまざまなテーマについて、年に2冊のペースで刊行される予定です。 】
●詳しくは公式サイトへ