« 『NHK短歌』2012.6月号(広告掲載) | メイン | 日本文芸研究会 平成24年度第64回研究発表大会(6月16日(土)、東北大学文学部) »

2012年5月18日

 記事のカテゴリー : いただいた本・送られてきた本

●水原紫苑著『あくがれ――わが和泉式部』(ウェッジ)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

水原紫苑氏よりいただきました。

img_793f589406226d7f2cac96c8dda4273186415.jpg

●公式サイトはこちら

永遠の愛情を宿命づけられた、王朝随一の歌人・和泉式部の生涯――。 受領の娘として生まれ、同じく受領・橘道貞と結婚した和泉式部は、弾正宮為尊親王、その弟・帥宮敦通親王という身分違いの高貴な二人と恋に落ちる。そして、若くして二人と死別する。魂の「あくがれ」るまま、ただ一筋に追い求めた愛とそれゆえの孤独が切々と浮き彫りにされる。

<書籍データ>
◇B6判並製、236頁 
◇定価:1,470円(本体1,400円+税)
◇2012年5月18日発売


●グーグル提供広告