« 中野重治の資料、30年越しの寄贈 石川近代文学館に1700点(北國新聞) | メイン | 国際日本研究センター主催 報告会「ヨーロッパの日本語教育事情―イギリスを中心として―」(2012年6月1日(金)、東京外国語大学府中キャンパス) »

2012年5月10日

 記事のカテゴリー : ホームページ紹介

●室町時代の儒学者・清原宣賢の自筆写本「古語拾遺」見つかる(京都新聞)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

【京都大付属図書館は9日、室町時代を代表する儒学者の清原宣賢(のぶかた)(1475~1550年)の自筆写本「古語拾遺」が見つかり、入手したと発表した。朝廷の学問を伝える第一級の資料で、木田章義文学研究科教授は「重要文化財級の貴重書」と話している。】
つづきはこちらから。京都新聞。


●グーグル提供広告