« 能楽学会編・発行『能と狂言 10』(広告掲載) | メイン | 早稲田大学多元文化学会『多元文化』第1号 »

2012年5月 2日

 記事のカテゴリー : いただいた本・送られてきた本

●『京都大学 国文学論叢』第27号

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

京都大学国文学論叢編集部さまよりいただきました。

1345-1723-27.jpg

●バックナンバーはこちら(京都大学学術情報リポジトリ KURENAI)

『京都大学 国文学論叢』第27号
2012年3月・A5判・118ページ

【目次】
藤原公任の私撰集編纂/山下 文
 --『金玉集』『深窓秘抄』の配列と構成から--
平安期歌謡研究における顕昭著『袖中抄』の位置付け/田林千尋
『唐鏡』考(承前)/森田貴之
岩野泡鳴「日の出前」について/王 憶雲
 --田山花袋・国木田独歩との関係をめぐって--
『蒙求和歌』第三類本 本文〈一〉--四季部--
 /小山順子・竹島一希・蔦 清行・中島真理・濱中祐子・森田貴之・山中延之
豫楽院 近衞家熈公年譜稿(五)/緑川明憲
平成二十三年度 京都大学国文学会 研究発表要旨

〒606-8501 京都市左京区吉田本町
京都大学大学院文学研究科 国語学国文学研究室内「国文学論叢」編集部


●グーグル提供広告