« 第22回高知出版学術賞に『「方言コスプレ」の時代』 田中ゆかり著 岩波書店刊(2012.4.24) | メイン | 第73回「書物・出版と社会変容」研究会(2012年5月19日(土)、国文学研究資料館2階) »

2012年4月24日

 記事のカテゴリー : ホームページ紹介

●中野重治、765通の書簡集...25日に出版(読売新聞)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

【 戦前のプロレタリア文学運動に参加し、戦後、「甲乙丙丁」「五勺(ごしゃく)の酒」など文学と政治を見つめる重厚な作品を残した作家、中野重治(1902~79年)の書簡集が25日、出版される。

 平凡社刊の「中野重治書簡集」で、没年まで56年間の計765通を収め、うち約400通は未発表。昭和文学史の貴重な資料となる。】(2012年4月20日11時42分 読売新聞)

●続きはこちら


●グーグル提供広告