« 佐賀県立図書館「くすクスくんのWeb版古文書入門」 | メイン | 国文学研究資料館公募共同研究 成果報告書 『近世風俗文化学の形成--忍頂寺務草稿および旧蔵書とその周辺』 »

2012年4月 4日

 記事のカテゴリー : ホームページ紹介

●2012年3月31日・日本経済新聞文化面に「米ホノルル美術館の和本群」という記事掲載

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

2012年3月31日・日本経済新聞文化面に「米ホノルル美術館の和本群」という記事が掲載されています。
【米ホノルル美術館が所蔵する江戸前期の和本コレクションが、日本国内では例がないほど多様な版をそろえていることが九州大学の調査でわかった】という記事。
記事中に登場する研究者は、中野三敏、花田富二夫、勝又基、松原孝俊氏ら。
写真で「二人比丘尼」の挿絵が比較したものが掲載されています。


●グーグル提供広告