日本大学人文科学研究所総合研究プロジェクト研究会「作家は越境するーアメリカ・日本・中国」(2012.4月21日(土)、日本大学文理学部図書館3階)

学会情報です。
—————————————-
●情報はこちらから入手
日本大学人文科学研究所総合研究プロジェクト研究会
「作家は越境するーアメリカ・日本・中国」
日時 4月21日(土)13時~17時
会場 日本大学文理学部図書館3階 オーバルホール
◎基調講演
リービ英雄「島国と大陸ー往還の文学」
◎シンポジウム
クリストファー・スコット「「がいじん」を乗り越えてーリービ英雄の文学における白人性をめぐって」
高榮蘭「2012・〈リービ英雄〉という出来事」
山口守「ディアスポラとしての母語ーチベット作家アーライの漢語文学」
司会・紅野謙介
リービ英雄さんを媒介にして、国民国家の境界をまたぐ文学について考えるというテーマです。リービさんをめぐる2本の報告の他に、山口守さんによるチベット人作家で中国語で小説を書いているアーライをめぐる報告をまじえて議論する予定です。アーライのものは近々、山口さんの翻訳で刊行予定です。ご関心のある方はぜひ足を運んでみてください。