« 歴史・迷宮解:古筆の年代測定/上 原初『新古今』の断片か(毎日新聞) | メイン | 20世紀メディア研究所 : 第66回研究会(2012. 4月28日(土曜日)、早稲田大学 早稲田キャンパス 1号館) »

2012年3月30日

 記事のカテゴリー : ホームページ紹介

●国文学研究資料館が「蔵書印データベース」を一般公開開始(2012.3.29)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

国文学研究資料館が2011/11/29に館内向けに試験公開開始していた「蔵書印データベース」を一般公開開始しました。

●「蔵書印データベース」トップページ
http://base1.nijl.ac.jp/~collectors_seal/

【概要:当館所蔵の古典籍を中心に原本から採取した蔵書印情報を、印影とともに一覧するデータベースシステム。他館の画像DBを参照した蔵書印情報や『近代蔵書印譜(初編~五編)』をはじめ数点の蔵書印譜からも印影等を収載。採録対象は、いわゆる蔵書印に加え、仕入れ印や貸本屋印を含む書肆印、蔵書票・書肆票の類、また、写本等で作成に関わった人物の印記や書画等の落款に及ぶ。 】

●「蔵書印データベース」謝辞
http://base1.nijl.ac.jp/~collectors_seal/special_thanks.html


●グーグル提供広告