工藤隆著『中公新書 古事記誕生 「日本像」の源流を探る』(中公新書)

工藤隆氏よりいただきました。
102157.jpg
●公式サイトはこちら
今からちょうど千三百年前、『古事記』が誕生した。令の制定や平城京遷都など、古代日本の急速な近代化が進められるなかで、なぜこのような「時代に遅れた書」が作られたのか。縄文・弥生時代に遡る神話が、国家成立期にまで生き残ったのはなぜか。「記序」贋作説を検証しながら分析する。さらに、アメノイワヤト神話を例に、歌垣、酔っぱらい体質、銅鏡と鉄鏡の違いなど、多様な視点から新旧の層に区分けして解読する。
書誌データ
初版発行日2012/3/25
判型新書判
ページ数272ページ
定価882円(本体840円)
ISBNコードISBN978-4-12-102157-1