« 秦恒平『湖の本 110 千載和歌集と平安女文化 上』(「湖の本」版元・発行) | メイン | 『国語と国文学』平成24年4月号に、大塚英子『古今集小町歌生成原論』・雲英末雄編『江戸書物の世界 雲英文庫を中心にたどる』の書評が掲載されました »

2012年3月22日

 記事のカテゴリー : いただいた本・送られてきた本

●『年報 福永武彦の世界』第3号

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

近藤圭一氏よりいただきました。

fukunaga03.jpg

●公式サイトはこちら

『年報 福永武彦の世界』第3号

科学研究費補助金プロジェクト
「昭和文学の結節点としての福永武彦--古事記からヌーヴォロマンまで」
年次報告書

2012年3月19日発行
B5判・並製・88頁

【目次】
はじめに●近藤圭一
講演
 福永武彦をめぐって●粟津則雄(司会 山田兼士)
講演会所感
 福永、ふたたび・・・●関口裕昭
 福永武彦『死の島』考―萌木素子の救いの可能性●中丸禎子
論考 
 福永武彦と音楽●近藤圭一
 福永武彦と美術●岩津 航
座談会 学習院大学の福永武彦●
  照木健/中川信吾/佐藤領時/岩津航/西岡亜紀/近藤圭一
資料
 詩人の「世界」 ロオトレアモンの場合●福永武彦(訳・解題 西岡亜紀/岩津航)
研究ノート 
 作品の酵母としての卒業論文―翻訳作業の覚え書に●西岡亜紀
福永武彦研究アーカイブ
 冥府の中の福永武彦―ボードレールの体験からのエスキス●山田兼士

活動記録 2009-2010
後記


●グーグル提供広告