梶井基次郎「檸檬」の原型…幻の自筆稿見つかる(読売新聞)

【近代日本文学を代表する短編小説「檸檬(れもん)」の原型となった挿話を含んだ、梶井基次郎(1901〜32)の小説「瀬山の話」の自筆原稿74枚が見つかった。
 専門家らも長年見ることがなかった幻の原稿で、実践女子大学が東京・神田の古書店から購入、今年中にも公開を予定している。】
つづきはこちらから。読売新聞。