大橋崇行氏がラノベデビュー。『妹がスーパー戦隊に就職しました』(PHP研究所)、3/16日刊行予定。

現在、国文学研究資料館博士研究員で山田美妙ほか明治期の文学研究者である大橋崇行氏が、『妹がスーパー戦隊に就職しました』(PHP研究所)でラノベデビュー。3/16日刊行されるそうです。
明治期の文学研究の一方、近年では、「〈魔法少女〉の夢 ―『魔法の天使クリィミーマミ』と〈キャラ〉言説の問題点」(昭和文学研究 (60) 66-78 2010年3月)などの論文も発表。今回の仕事は、その延長線上にあるのかもしれませんが、自身のサイトで【俗に、論文書きが小説を書くとロクなことにならないと申しますが、今回はそちらの立場は基本抜きです。あくまでライターとして、読んで下さる皆さまが楽しんで頂けるように本気のラノベを書いたつもりですので、ぜひ御覧頂けましたら幸いです。】とおっしゃっています。
研究者の実作は、歌集・句集は多い印象があります。小説では、最近だと、西鶴研究者の中嶋隆氏が『廓の与右衛門控え帳 』(小学館)で第八回小学館文庫小説賞を受賞したことが記憶に新しいです。
oohashi.jpg
妹がスーパー戦隊に就職しました (スマッシュ文庫) [文庫] 大橋 崇行 (著), ぐらしおん (イラスト)
# 文庫: 484ページ
# 出版社: PHP研究所 (2012/3/16)
# ISBN-13: 978-4569678092
# 発売日: 2012/3/16
●アマゾンで買う!
【内容紹介】
ヒーロー&ヒロインたちの葛藤と煩悩を浮き彫りにする、大人のためのヒーロー小説が、ここに誕生!主人公とその妹を含む5人の若者たちは、幼いころからの夢、「人智戦士シュタイナー」の隊員として就職した。入ってみると、主人公以外は全員美少女。戦いに明け暮れつつも、その人生は幸福で満たされるはずだった……が、現実はそんなに甘くなかった!