« 「しむらのいろ」展(2012年3月29日(木)−31日(土)、東京美術倶楽部) | メイン | 「近世上方文壇における人的交流の研究」(科研基盤研究B、代表者 飯倉)の研究会(2012年3月9日(金)、大阪大学文学部) »

2012年3月 7日

 記事のカテゴリー : いただいた本・送られてきた本

●北海道大学国語国文学会『国語国文研究 第141号』(平成24年2月)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

北海道大学国語国文学会よりいただきました。

0289-0488-140.jpg

●公式サイトはこちら

北海道大学国語国文学会『国語国文研究 第141号』
平成24年2月28日発行・A5判並製・56頁

【目次】
『うつほ物語』の描写方法
 ―人物造型と音楽描写の関連性をめぐって― ......... 戸田 瞳
『和泉式部物語』の語り手
 ―「草子地」と「視点の融合」の検討を通して― ......... 岡田 貴憲
『とりかへばや』「心の闇」考 ......... 片山 ふゆき
認識のモダリティの再検討 ......... コルクサ、アリ アイジャン

〒060-0810 札幌市北区北十条西七丁目
北海道大学大学院文学研究科内
北海道大学国語国文学会


●グーグル提供広告