« MOA美術館 開館30周年記念 国宝 紅白梅図屏風 所蔵名品展(2012年1月27日~年3月2日) | メイン | 松本清張記念館・松本清張没後20年記念特別企画展『いつもカメラを携えて--松本清張が愛したカメラとその時代--』開催中(平成24年1月20日(金)~3月31日(土)) »

2012年2月27日

 記事のカテゴリー : ホームページ紹介

●かな流麗、おどる古筆 三大「手鑑」、東京・静岡で展示(朝日新聞)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

【古筆の名品の断簡を集め、古筆見(古筆の鑑定家)が江戸時代などに制作したアルバム「手鑑(てかがみ)」。その中でも美術的価値の高い、平安~鎌倉時代初期の仮名書の作品を多く収めた「古筆3大手鑑」(いずれも国宝)が、東京と静岡で紹介されている。 】(2012年2月25日朝日新聞)

●続きはこちら


●グーグル提供広告