« 藤井貞和ほか。「異なる声」(2012年3月11日(日)、スタジオイワト) | メイン | 『日本歴史』2012年3月号(広告掲載) »

2012年2月24日

 記事のカテゴリー : いただいた本・送られてきた本

●藤井貞和著『春楡の木』(思潮社)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

藤井貞和氏よりいただきました。

7837-3253-2.jpg

●公式サイトはこちら

「前後二か月だけが大切なのだな、その範囲内にあるのが現代詩なのだとすると、これからさき1か月なら現代詩は持ちこたえられると知られた」(「春楡の木」)。いのちの震えを詩に託す。闇をかきわけ、荒れ地に生い出る言葉たち。あらゆるかたちの試行から、いまに立つ。装幀=奥定泰之

定価2,730円(税込)
菊判変型上製・114頁
ISBN978-4-7837-3253-2
2011年10月刊


●グーグル提供広告