« 『日本歴史』2012年3月号(広告掲載) | メイン | 藤井貞和著『東歌篇――異なる声』(反抗社出版) »

2012年2月24日

 記事のカテゴリー : いただいた本・送られてきた本

●藤井貞和編『折口信夫古典詩歌論集』(岩波書店)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

藤井貞和氏よりいただきました。

00-31864-1.jpg

●公式サイトはこちら

■体裁=文庫判・並製・カバー・384頁
■定価 903円(本体 860円 + 税5%)
■2012年1月17日
■ISBN978-4-00-311864-1

「私にとっては寧ろ解釈することが創作する事の様にすら感じられる.」学者にして詩人,ともに比類ない業績をのこした折口信夫が生涯その中核においた歌.遥かに見透しまた限りなく近く,鋭敏な眼は三十一文字に沈潜し読みひらく.「叙景詩の発生」「女房文学から隠者文学へ」など様々な視角から論じた全13編を収録,注を付す. 


●グーグル提供広告