川端康成:初掲載の雑誌発見 旧制中時代の幻の文書(毎日新聞)

【ノーベル賞受賞作家、川端康成(1899~1972)が旧制中学時代に書いたものの、現物が見つからず内容が不明だった原稿の掲載誌を、熊本市の尚絅(しょうけい)大文化言語学部の宮崎尚子助教(日本近現代文学)が見つけた。川端にとって初めて雑誌に掲載された文章で、忘れがたい題材だったらしく、約10年後と約30年後に、この原稿を基にした2編の小説が書かれた。】(毎日新聞 2012年2月20日)
●続きはこちら