« 第6回 与謝野寛・晶子を偲ぶ会「没後70年、晶子と白秋を語る」(2012年4月8日(日)、武蔵野商工会議所(東京都)) | メイン | 千代田区立千代田図書館・『南方熊楠大事典』刊行記念ミニ展示「ゆかりの品々に見る南方熊楠の実像」(2012年2月28日(火)~4月21日(土)) »

2012年2月20日

 記事のカテゴリー : ホームページ紹介

●川端康成:初掲載の雑誌発見 旧制中時代の幻の文書(毎日新聞)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

【ノーベル賞受賞作家、川端康成(1899~1972)が旧制中学時代に書いたものの、現物が見つからず内容が不明だった原稿の掲載誌を、熊本市の尚絅(しょうけい)大文化言語学部の宮崎尚子助教(日本近現代文学)が見つけた。川端にとって初めて雑誌に掲載された文章で、忘れがたい題材だったらしく、約10年後と約30年後に、この原稿を基にした2編の小説が書かれた。】(毎日新聞 2012年2月20日)

●続きはこちら


●グーグル提供広告