江戸絵画の奇跡、鮮やかに 小林忠教授・最終講義(朝日新聞)

【分かりやすく、ユーモラスに。美術史家で日本・東洋美術史研究誌「國華」主幹も務める学習院大の小林忠教授(70)が3月の退職を前にした先月、最終講義に臨んだ。江戸時代絵画の魅力を語りながら、底流にある海外からの影響を鮮やかに指し示す内容だった。 】
つづきはこちらから。朝日新聞。